トライアングル感謝祭に行ってきた

スポンサーリンク

こんにちは。 演劇女子部ミュージカル「TRIANGLE−トライアングル−」のDVDが発売されました。早速見たのですが、あの時興奮した記憶がよみがえってきましたね。亜佑美ちゃん演じるサクラ姫の可愛さハンパないですね。秋ツアーが始まるまでこのDVDでしばらく生きていけそうです。

トライアングル感謝祭に行ってきた。

9月2日(水)にサンシャイン池袋で行われた「BS-TBS15周年特別企画クールジャパン〜道〜」のトライアングル感謝祭。6月に行われた舞台「TRIANGLE」のイベントでクールジャパンの内容とは関係ないですが、舞台がすごく良かったのでこの感謝祭も楽しみでした。

最初はチケットを申し込んでなかったのですが、どうしても行きたくなったのでオークションで初めてチケットを購入しましたよ。高かったけどそれでもチケット手に入れて良かったと思えるくらい、楽しめたイベントでした。

何をやるのか分からないまま始まる感謝祭

この感謝祭に関してはどんな事をするのか事前に情報が全く出ていませんでした。前日・前々日に行われたリリウム感謝祭でガッツリとスピンオフの短編劇をやったので、続けて全く違う舞台のお芝居をするのは稽古の時間も余裕も無さそうだし、トライアングルではやらないかなと少し諦めて見に行きました。

開場してから舞台上を見てみると、クールジャパン〜道〜の舞台セット(バックに「道」と大きな文字が書かれた幕と番傘)が組まれていましたし、トライアングルの世界観とは違うのでやっぱりやらないかな…と諦めモードに。 triangle出典:モー娘。’15、須藤茉麻が演劇女子部「TRIANGLE」同窓会イベント開催

開演したらまず「トライアングルアルファ」の歌から始まります。これはトライアングルと同じ始まり方です。最初にキリ中尉の口上があるのですが、ここのセリフの最後が「次期女王サクラ姫の夫となる身…」という様な感じで少し変わっていました。

そして歌の最後にサクラ姫・キリ中尉・アサダと3人が残り舞台のタイトルコール「トライ(サクラ姫)「アングル(アサダ)「アルファ「キリ中尉)」と言うのを、この感謝祭では「トライ(サクラ姫)」「アングル(アサダ)」「感謝祭!(キリ中尉)」という形で感謝祭バージョンに。

3ヶ月後と7年前。二つのスピンオフ寸劇あり

ここからは手に台本を持ちながらの寸劇が始まりました。最初は舞台「トライアングル」から3ヶ月後の設定でシグマ星に留学しているリベットに会いに行くイオタ、ゼータ、サクラ姫のロイヤルファミリーと、アルファ星で会議がある為に居残りになり、サクラ姫が心配すぎてイライラしてチーク卿やクラルスに八つ当たりしながら会議を進めているキリ中尉の話。

ここでは舞台の時のクールなキリ中尉は成りを潜めて、ただただサクラ姫を溺愛して周りが見えなくなってるキリ中尉なってました(笑) シグマ星で久しぶりに会ったリベットは新しく友達も出来て楽しげに過ごし、そしてシグマ星のファイ王子に初めての恋もしている。サクラ姫が「初恋か〜。私にもありましたよ。私は気づくのが遅かったですけど」なんて言ってアサダの事を思い浮かべているけど、もうアサダの事は過去の良い思い出みたいな感じで語っていましたね。

そしてリベットから「キリ中尉は優しくしてくれますか?」と聞かれ「とっても優しいです」って答えてるあたり、サクラ姫はもうキリ中尉に心が向いてる感じで、キリとサクラの幸せな後日談を見たかった自分としてはもうこれでお腹いっぱいな感じでした。

もうひとつは舞台から7年前、キリ中尉がアルファ星に墜落してサクラ姫に助けられ傷が癒えた後サクラに初めて対面する話と、クラルスとジョンベルが幼なじみで市場で喧嘩をしている所をキリ中尉に止められ、クラルスに強くなりたければ士官学校(ここは記憶が曖昧)に入れと言われ、軍人を志すきっかけとなった話。

7年前設定の話をしているのでサクラ姫がまだ子供時代なのですが、この時の石田サクラ姫が声色を変えて演技をするので、本当に幼い姫感が出てて可愛すぎました。これならキリ中尉がアルファ星に移住してまで姫を見守ろうと思うのも分かります。

この二つの寸劇はハロコンや新曲キャンペーン、他のクールジャパン〜道〜企画もあって全く稽古時間が取れないので台本を読みながらのお芝居になったと思うのですが、この舞台は見終わってからも舞台背景を色々掻き立てられる話だったので、手に持ちながらでもやってくれた事が嬉しかったです。

ほぼぶっつけ本番だった寸劇ですが、途中手に持ってる台本のページが分からなくなりお芝居が止まってしまったリベットに対して、シグマ星にいないはずのキリ中尉が後ろから出て来て台本のセリフ場所を教えてあげたり、「リベット頑張るのよ」とサクラ姫の体でアドリブで励ますサクラ姫など、グダグダ感が出てましたがそれも感謝祭らしく笑いながら観劇する事ができました。

発売したばかりのDVDを見ながらのクイズ大会

toiangle2出典:モー娘。’15、須藤茉麻が演劇女子部「TRIANGLE」同窓会イベント開催

このお芝居の後はステージでサクラ姫チーム(サクラ姫・ファイ王子・ダイス・リベット・ブナ・オバンコール) キリ中尉チーム(キリ中尉・ジョンベル・クラルス・チーク卿・ボルガ星人その1(飯窪さん)) アサダチーム(アサダ・ローズウッド・リンディ・ピンプ・ボルガ星人その2(香音ちゃん))の3チームに分かれてクイズ大会。

進行はイオタ・ゼータのロイヤル夫婦でした。 DVDでのシーンの一部を見ながら映像を止めて、次のセリフは何て言うんでしょう?というセリフ当てクイズが主でした。

メインキャストはやはり出番が多いので結構セリフを憶えてましたね。でも自分の出てるシーンでは回答権がないので他のキャストが答えるんですが、ここでは結構リベット役のあかねちゃんが憶えているみたいで、クイズが出たらすぐに手を上げていました。あまり当ててもらえてなかったですけど。

このクイズ大会をしている時ちおうみんな役柄の設定を守ったまま参加しているのですが、段々と本気になってきて最初はクールな鞘師キリ中尉も興奮して、「スワ!スワ!スワ!」なんて言いながら司会者に手を上げて詰め寄ったりだとか(ゼータが「スワスワ言うと当たりやすくなるよ」って言ったため)ニコニコしながら座ってたサクラ姫が、クイズ出題される前から前屈みになって構えて、手を上げる気満々で待ってたりだとか、段々と素が出始めて役柄と混ざり出してきたのが面白かったです。

時折、サクラ姫がキリ中尉の映像を見ながらぱちぱち手を叩いて喜んでたり、「キリ様カッコいいですよ」なんてフォローもしたりだとか我に返ってまた役柄設定に戻りったりしてたのも良かったです。 これは本当にみんな自由に楽しそうに参加してました。ちょっと前に体調を崩してしばらく元気無さそうだった鞘師が特に楽しそうで、ノリノリで参加してたのが見れて安心しました。

進行役のゼータ国王(須藤茉麻)の存在感

舞台の感謝祭という事で、これにはモーニング娘。’15メンバーの他に舞台に出演していた演劇女子部、ハロプロ研修生、あと須藤茉麻が出ていました。 モーニング娘。’15は同世代が集まったグループなので(そして演劇女子部と研修生は後輩になるので)、場をピリッと締めてくれる先輩の存在がいたのが大きかった気がします。

クイズ大会での進行も所々で茶々入れたりだとか、回答権を得たのに答えが思い浮かばなくて ステージの真ん中で立ち尽くしてしまったピンプ役の高瀬くるみちゃんに助け舟を出したりだとか、ヘタしたらグダグダになるであろうイベントも要所で上手く回してたなーという印象を持ちました。

このクイズ大会ではフクちゃんが進行役だったので、クイズに参加してなかったんですが、キリ中尉とサクラ姫のダンスを急遽一緒に踊ったりして須藤さんがうまく見所を作ってあげてました。これも経験の差なのかなと。モーニング娘。のメンバー達も先輩がいるから安心してイベントを楽しんでる様に見えました。

最後に

台本を持ちながらの寸劇とクイズ大会で、ほぼぶっつけ本番なイベントはファンでなければ楽しめない様な内容だったかもしれません。

それでも本人たちが楽しんでイベントを盛り上げていて、楽しんでいたなら無条件で嬉しくなってしまうファンなのでそれが見れただけでも良かったです。

丁度当日にDVDが発売した事もあって、この感謝祭のイベントが終わってすぐまた舞台の世界に浸れるし、まだまだトライアングル熱は冷めそうにないかもしれません。それにしてもサクラ姫が可愛かったです。このイベントのDVDもぜひ発売してほしいですね。 それでは!

スポンサーリンク