8月19日、9月2日のayupad作ってみた

スポンサーリンク

こんにちは。
今回の作ってみたは同じかぼちゃを使った料理だったので2回分まとめ出しです。かぼちゃは秋になるとスーパーでもたくさん売られてきますよね。秋が旬の野菜かと思ってたのですが実は旬の時期は夏の野菜らしいです。

かぼちゃの旬は夏!でもなぜ秋と冬に多いの?

かぼちゃが収穫されるのは夏から初秋にかけてだそうです。そしてそれを3ヶ月程貯蔵してから出荷するとのこと。なぜすぐ出荷しないかというと元々かぼちゃは貯蔵性が高い野菜であり、収穫したばかりの時はでんぷん質が多いのが、貯蔵しておく事によって熟成して糖分にかわり、あのかぼちゃの甘みが出るのだそうです。
参考カボチャ(南瓜/かぼちゃ):旬の時期や主な産地と生産量

それだけ時間をかける事によってあのホクホクとした甘みが味わえる訳なので、かぼちゃを一生懸命作ってる人に感謝です。

ayupadレシピ

ではayupadレシピです。まずは8月19日に更新されたかぼちゃのごま衣焼きです。

かぼちゃ(だいたい250g)を茹でるorレンチンで火を通します。皮はお好みで剥いてもそのままでもOK。

よーくよーくよーーーく水切りした豆腐(200g)と、かぼちゃを潰しながら混ぜ合わせます(これは省いてもいいけど、枝豆とかグリーンピースとか入れると、彩りが綺麗)

ブラックペッパー(好み)とホワイトペッパー(好み)そしてにんにくパウダー(少量)で味付け。

丸く形作ったら、全体にゴマをつけます。黒でも白でもいいので、たーぷりつけちゃいましょう。トースター(1200Wくらい?)で15分程焼けば完成!

出典:【東スポ芸能】新曲発売!!勝負の1週間で「顔ハメ」しました

そして9月2日に更新されたかぼちゃのポタージュ

お鍋にほんの少しの水と、かぼちゃをたーっぷり入れて、蒸し焼きにします。
かぼちゃが柔らかくなったら、ハンドミキサーでかぼちゃを潰して、少し牛乳を加えます

味付けはシンプルにコンソメキューブ

我が家のかぼちゃポタージュのポイントは、かぼちゃの濃さ!!
牛乳を本当に少なめにして、「かぼちゃ」の味を楽しみます。

出典:【東スポ芸能】夏の終わりにメンバーの浴衣姿をどうぞ

かぼちゃのごま衣焼きは、石田さん家の分量だと一人暮らしの私には多いので、1/4の量で。残ったものをかぼちゃのポタージュにして作りました。

出来上がったもの

まずはかぼちゃのごま衣焼きです。150915_1アップでも。
150915_2中に枝豆入れてみましたよ。以前にも1回作った事あったんですが、このブログの為に再度作りました。慣れるとあっという間に出来るね。前回作った時は黒ごまメインでまぶしたので、見た目真っ黒になってしまったのですが、今回は白ごま多めで作ってみました。この方が見た目的に美味しそうだった。

次はかぼちゃのポタージュ
150915
朝ごはんの時に食べたのでパンも一緒ですが、牛乳少なめに作るのが難しい!鍋底が焦げつくし、水分がないと赤ちゃんの離乳食みたいになるので、ある程度ポタージュスープっぽくなるまで牛乳を加えてのばしました。

上に飾っている緑色のものはかぼちゃの皮です。スープを作る時に剥いた皮を、オリーブオイルでカリカリになるまで炒めて、ちょっと塩で味付けしたもの。
かぼちゃの甘さの中に少し塩気が混ざると甘みが引き立つので美味しいです。パンにスープをつけて食べましたがそれも中々美味しかった。

ayupadプラスα

今回のプラスαは、ごま衣焼きを作った時に残った豆腐とかぼちゃでデザート作りました。
150915_3
途中まで工程は同じで、レンチンしたかぼちゃ(100〜150g)の中に豆腐(パック半分位)も一緒に混ぜ込んで、別に用意した牛乳200ccの中に砂糖大さじ4、ゼラチン5gを入れてレンジで牛乳を温めて、砂糖とゼラチンを溶かして、かぼちゃの中に入れてブレンダーでなめらかにしたものを、容器に入れて冷蔵庫で冷やしたもの。
150915_4
上に飾っているのはかぼちゃの種です。かぼちゃの種は栄養素が高いので捨てずに有効活用しないとね。これはワタを綺麗に洗い落としてレンチンして、オリーブオイルで炒めた後、砂糖をまぶして更に炒めたもの。スナック菓子みたいで美味しい。
ちょっと甘さ控えめな出来だったので、食べる時はメイプルシロップを追加して食べました。

売ってるかぼちゃは大きいので、一人暮らしで買うのは躊躇する事が多いのですが、今回は三段活用でなんとか消費仕切りました。かぼちゃまみれ。

スポンサーリンク