11月18日ayupadのまるごとかぶの白だし煮作ってみた

スポンサーリンク

こんにちは。
もう12月もあと1週間で終わりです。今年の現場はもうありませんので、年明けの亜佑美ちゃんバースデーイベントが現場初めです。それまで在宅でのんびりayupad作ろうと思います。

かぶは生で食べるのが良い

さて今回の食材、かぶなんですが、実は今まで買ったことなかったです。だって大根とにてるんだもの。

そして今回のayupad作りのためにかぶを買いにスーパーへ行きましたが、なかなか見つけられず。何件か回ってようやく見つけたんですが、かぶの旬の時期は3月頃だそうで。そりゃ見当たらないよね。亜佑美ちゃんの近所のスーパーでは普通に売ってたんでしょうか。

そしてもうひとつ。かぶはビタミンCを多く含んでいるので、熱に弱いビタミンCを損なわないためには生で食べた方が栄養が取れるらしいです。今回のレシピ、思いっきり熱加えちゃってますけど無視して進めます。
参考栄養満点でいろんなレシピに活用できる!「かぶ」の栄養・効果とおすすめの食べ方

ayupadレシピ

気を取り直してayupadレシピです

・かぶをよく洗います。皮は剥かなくても大丈夫だけど、判断は任せます。
・おしりの方に、深く十字に切り込みを入れます。完全に切らないように。でも深く入れた方が煮えるのが早いです。
・鍋に水(200cc)と白だし(小2)そして、かぶを入れて火をつけます。
・沸騰してきたら、キッチンペーパーを落し蓋がわりにかぶせるといいらしいですっ!
・ここまで弱火で15分〜20分煮ます。途中で1度上下ひっくり返してください。煮えたかどうかの確認は、爪楊枝がスッと通ればOK

煮物って、冷めるときに味が染み込むんです

なので鍋のまま1度冷まし、食べる直前に温め直して、鰹節をかけると、より美味しくいただけます。トロトロになったかぶは、なんだかほっとする味わいに♥
出典:【東スポ芸能】寝ている美少女・牧野のホオをぶにゅーしました

このようなレシピでしたが、作るときに(水の分量に対して白だしが少なくない?)と思いましたので勝手に白だしを大さじ2に増やしました。あと一緒にかぶの葉っぱも煮てみました。

出来上がったもの

kabuni

こちらが出来上がったものです。かぶのはっぱが煮詰め過ぎて色が薄くなってしまった。あとだし汁に片栗粉でとろみをつけて一緒に食べてみたら美味しいかなと思って試してみたら、美味しかったです。かぶが主張しない味だから、ほっこりしますね。

ayupadプラスα

そしてかぶを使ったもう一品

kabusupe

かぶのホワイトスープです。ホワイトソースを使って作ったスープ。寒い日にはよいですね。ブロッコリーも一緒に入れましたが、ベーコンなどのタンパク質系も一緒に入れたらもうちょっと良かったかなと思いました。

今回はかぶに火を通して作った料理だったので、また旬の時期になる3月頃に生食で食べてみたいと思います。では。

 

スポンサーリンク