モーニング娘。’16コンサート~EMOTION IN MOTION~へ行ってきた

スポンサーリンク
nagoya.oosaka

春ツアーに行ってきました!

名古屋・大阪と連続2公演。鞘師さん卒業後12人でのツアーなので今までとは雰囲気も違うツアーだったと思います。
そのツアーの感想をまたぼんやりとした感じで書いていこうと思います。

レポではないのでよろしくお願いします。

EMOTION IN MOTIONの春ツアー参戦

ABと大幅に変えてきたセットリスト

ツアーでは毎回AパターンBパターンと2種類のセットリストがあります。だいたいメドレーが変わるくらいだったんですが、今回はがっつりと曲目を変えてきました!半分以上は変わってたかな。

ここ最近のライブ定番曲からプラチナ曲はもちろん私が聞いた事ないような懐かしの曲まで。モーニングの今までの歴史の曲が満遍なく散りばめられて、改めて娘。の歴史をアピールしたツアーだったのかなと思いました。

特に少人数曲はわからないのが多かったです。古くからのファンの方でも懐かしいと思う様な曲が多かったのかな?なんて思います。

今回のツアーはリハーサルにかなり時間をかけてるなと思ってたんですが、これだけ変えてくるんだったらそりゃ時間もかかるなと。そして今までのEDM中心から他の魅せ方も出し始めた感じでした。

あとは特にメドレー部分のつなぎが最高だった!「Help me!」って単体で聴くとそれほど好きな曲じゃないんですが、メドレーの「Help me!」はなんであんなにカッコ良いですかね。

それと最後の歌の香音ちゃんコールも最高。あそこは全力出すべき。会場の一体感が素晴らしいですね。

個人的な好みは私のなんにもわかっちゃないが入ってるBパターンのセットリストが好きです。

今回のツアーはまーちゃんがすごい

Twitterのタイムラインでまーちゃん絶賛ツイートをいくつか見てたんですけど、実際に見たらやっぱり凄かった。

特に「愛して愛して後一分」の歌い方が(こんなセクシーな歌い方できるの…!)って驚いたくらい。

歌はもちろんパフォーマンス中の視線の流し方も大人なまーちゃんが見られました。喋るといつもと同じなんですけどそのギャップにびっくりします。

今ツアーはまーちゃん見てるのが一番面白いかもしれない。そしてダンスも集中力が切れる事なく踊ってるし、力強さがありました。

たまに途中でスイッチ入った様に踊り狂う感じになってた時もあって気合入ってるなってこちらに十分伝わってきました。

ただ、ダンスしてる時に顔が足元向いてる時があるのがちょっと惜しいなとは思いましたけど。集中しちゃうと意識が下に向いて顔が下がってしまうタイプなんですかね。

今回のツアー中の髪型が割とボリュームある感じで、顔下げて髪の毛もばさっと顔にかかったまま踊ってるので、そこも客席見てアピールしながら踊るともっといいのになと思いました。

歌は安定のふくまーさく。

歌割はふくちゃん・まーちゃん・小田ちゃんが中心。声の細かったふくちゃんは今回歌声の安定感は抜群でしたね。

私がみた名古屋・大阪公演はふくちゃんが一番安定してた気がします。声を枯らすこともほとんどなかったですし。

メイン3人の歌声がベースにありつつ、他のメンバーのソロパートでアクセントをつける感じ。人数が多いのは声のバリエーションが豊富なのが良いですね。

名古屋公演の時は小田ちゃんは歌ってる時に一回声が裏返って、まーちゃんも音が出しきれなくて力業で音程合わせて歌ってた所があって。それはどちらも元々は鞘師パートの所だったんです。

鞘師が歌ってた時には分からなかったんですけど、それを普通に歌ってた鞘師凄かったんだなっていなくなってその凄さに気づきました。

でも大阪公演では二人とも問題なく歌ってました。ライブしながらでもどんどんスキルを上げてくメンバーに頼もしさを感じますね。

それぞれのメンバーの成長が感じられたライブ

色々言われてますが、メンバーは日々成長してるなって見てて思いました。

羽賀ちゃんは他の12期とまーどぅがヒールなしの靴でパフォーマンスをする中、ずっと一人だけヒールのある靴を履いてパフォーマンスしてました。

ヒールある靴が良いとは言いませんが、見た目も去年の秋ツアーの子供体型だったのから変わって大人に近づいてましたし、体がしっかり出来上がってきたんだなと。

まりあちゃんはミスムンでの男役をこなしたのもあり、魅せる力はどんどん得ていると思います。

ダンスも良くなってきてて、実は一回ライブ後半でもキレキレに踊ってる子がいたので亜佑美ちゃんかと思って見てみたらまりあちゃんだった時があって。

亜佑美ちゃんにダンスを教わってるなんて言ってたのでダンスも亜佑美ちゃんに似てきてるのかななんて思いました。

ちぇるは「愛して愛して後一分」の時の歌声が良いですね。まーちゃんの声と間違いやすいですけど、意外とプラチナ曲が合うのかもしれない。個性的な声質だしグループでの良い武器になると思います。

ただちぇるはフォーメーションチェンジの時に移動に気を取られるのかユニゾン中にマイクが口元から離れてる時があったので、(ハロメンは歌声がぶれないようマイクを口元に近づけて水平に保ってホールドしてる)それがライブ中ずっと出来てたら完璧だったと思います。

はーちんもライブ中はずっと楽しそうな笑顔を絶やさないし、疲れた表情を全く見せないんですよね。あの子すごい体力あるよね。やっぱりフィギュアスケートやってただけあって基礎体力は高いんでしょうか。

ダンスや歌がぽんこつと言われてるはるなんもパフォーマンス中の表情とか凄く良かったんですよ!普段は亜佑美ちゃんロックオンであんまり見てないんですけど、表現力がさゆっぽいなって思いました。

あと回代わりでちぇるとまりあちゃんと3人で歌ってる曲があるんですけど、パフォーマンスに関しては今まで他のメンバーについてくので必死だったはるなんが、12期の二人をリードしてパフォーマンスしてる姿を見て(はるなん成長したね…)感動してしまいましたね。

そういう少しずつでも日々変わっていくメンバーを見てるのは本当に楽しいです。

グループでの支柱的役割の亜佑美ちゃん

そしていち推しの亜佑美ちゃんです。ライブ中の8割以上は見てます。

今回はポジションがセンターにいる事が多かったですね。見てて思ったのはパフォーマンスの支柱的役割を今回はしてるのかなと思いました。

見た目のベースとなる人。料理でいうところの「出汁」の役割ですね。

それぞれ推しがいる人は自分の推しを中心に見るので関係ないかもしれないですけど、何もしらない人がパッと見るんだったらやっぱり真ん中にいる人に目が行くと思うんですが、そのファーストインプレッションを決めるポジションではないかなと思いました。

基本がしっかりしてないとどれだけ華やかな装飾を施しても偽物感が出てしまうので、結構重要な所を任されてるなと思いました。

それと客席満遍なく視線送りますね。特に後方を良く見ようとしてました。ステージ上だけでなく客席も全て含めてライブをしよう!っていう巻き込み力?そういうのを発揮してるのはさすがだなと思います。

あとは「冷たい風と片思い」のダンスですね!前のダンスも良かったですけど、今回振り付けが変わってまして、前は鞘師に合わせた力強さを出してるダンスだったのが、今回はしなやかさを出したダンスでした。

亜佑美ちゃんは自分では(キレキレに踊るのが得意です!)って言ってますが、しなやかさもあると思うんですよね。ライブ中でも途中にバレエっぽい振りがある箇所があるんですが、そこのダンスも綺麗だなと思って見てました。

多分踊る人の個性に合わせてダンスの先生が振り付けしてくれたんだろうと思います。先生は亜佑美ちゃんにしなやかさがあると思ってるよって本人に言ってあげたい。

鞘師さんがいないモーニング娘。のパフォーマンス

シリアルイベントとかの披露する曲数が少ない時には思わなかったんですが、正直春ツアーを見て改めて(鞘師って凄かったんだな…)って思ったツアーでした。

今は歌ではふくちゃんと小田ちゃん、ダンスでは亜佑美ちゃんと鞘師さんと同じポテンシャルでパフォーマンスが出来てます。それを全て一人でやってたんだなぁってツアーを見てて実感してしまいました。

ただ、だから鞘師さんがいた方が良いという訳ではなく、このツアーを見た後に会場で買ったDVDマガジンを家で見たんですね。

鞘師さんがいた頃のモーニング娘。の映像を見て、ちょっと違和感を感じたんです。なんていうのか(あ、もうグループの色が違うんだな…)っていうのを感じました。

春ツアーでは既に’16としてのカラーが出来上がってたんですね。常に変化して進化し続けるグループ。それをツアーとDVDマガジンで改めて感じました。

最後に

という事でダラダラ書き綴ったライブの感想ですが、要は今のグループを見られるのは今しかない。常に変化し続けるから見逃したらもう見られないし、楽しいから見て損はないよ!っていうのを言いたいです。おしまい。

スポンサーリンク