握手会の時に気になる手汗の対策方法

スポンサーリンク

CD販促イベントの一環であるリリースイベントや個別握手会。直接メンバーと会える機会が何度かあります。直接会って感想を言えるのは嬉しいですよね。

その時にメンバーたちと握手するんですけど、その時に気になる問題が出てきます。

握手する時に手汗が気になる。

それは手のひらの汗。今まで他の人と手を触れ合うなんてほとんど無かったのであまり気にすることも無かったのですが、直接握手をするとなるとすごく気になる。

自分の手のひらで不快にさせたら嫌じゃないですか。手を握った瞬間(…あっ)って思われてたら嫌じゃないですか。なのでどうすれば手汗を抑えられるのか調べてみました。

手汗の原因

まずなぜ手のひらに汗をかいてしまうのか。原因がわかれば解消方法も分かると思うので調べてたんですけど、手に汗をかく原因もひとつだけではないみたいです。

  • 自律神経の乱れ
  • 精神的なもの
  • 病気(手掌多汗症)

調べてみるとだいたいこの3つ。

まず自律神経の乱れは不規則な生活、不規則な食事、運動不足から起こるもの。これは仕事をしてたらそうなる場合が多々ありそうです。

そして精神的なものは、ストレスとか緊張したときに出てしまう。

よく切羽詰まった状況を「手に汗にぎる」という風に言いますけど、これは緊張したことで手に汗をかいてしまうことを言い表してるので、精神的にストレスが与えられると手に汗をかくのは生理現象的なものみたいです。

最後に病気。これは手掌多汗症という病名もあるように立派な病気です。ひどいと手から汗が滴り落ちて日常生活に支障をきたしてしまうくらいになるそう。ここまでなる人はあまりいないと思いますが、病気ならちゃんと病院で治療した方が良さそう。

手汗の予防方法

手汗は汗腺(エクリン腺)が元々手のひらに多くあるので汗をかきやすいのですが、この汗腺は自律神経に影響されやすいです。なので自律神経を安定させることが大切。

生活環境を改める

規則正しく生活して食事もバランス良く、そして適度な運動。手汗だけじゃなく自分の体全体にも良い影響を与えるので規則正しく生活するのは大事です。

気にしすぎない

ストレスによる手汗は気にしないこと。気にするから余計に緊張して手汗をかいてしまうという悪循環に陥ってしまいます。なるべく気にしないで楽観的でいるようにすれば多少は緩和されるかも。

ツボ押し

手汗に効果のあるツボがあるのでそこを押さえる方法。

労宮(ろうきゅう)という手のひらの真ん中にあるツボ。握りこぶしを作った時に中指の先端が触れる場所あたりです。

ここをゆっくりと押して離すというのを5回ほど繰り返す。このツボは気持ちを落ち着かせる効果があるので緊張して汗が出てくる時に効果てきです。

合谷(ごうこく)は親指と人差し指の間のくぼみ部分。ここも精神的な緊張を和らげる効果があります。

ここを反対側の親指でぎゅっと押して離すというのを繰り返すと良いです。ゆっくりじんわりと繰り返すのが効果的だとか。

tenohira

ボツリヌス注射・手術

手掌多汗症でひどい場合には注射や手術という方法もあります。これはいろいろありますがボツリヌス注射をして汗の量を減らすとか、汗の発汗を止める手術というのもあるとか。これは本当に最終最後の手段の方が良いと思います。

手汗用ハンドクリームを使う

生活環境もすぐ改められないし、緊張するなってのも無理!でも手汗は気になるからすぐにでも抑えたいんだよ!って人には手汗を抑える手のひら専用のハンドクリームが売ってます。

汗を抑えるならドラッグストアやコンビニで売ってる制汗剤でいいんじゃないの?と思いがちですが、制汗剤は匂いを抑える成分が主で汗を抑える効果は少ないそう。だから手の汗を抑えたいなら専用のクリームを使用した方が効果が高いです。

コルクル

corkl

こちらは手汗対策用クリーム。手汗の原因エクリン腺を抑えてくれます。気になって試してみたいけど合わなかったらどうしよう…って場合でも返金保障付きなので試してみて合わなかったら利用を中止して購入代金を返金してもらうことも可能。
【コルクル】

ファリネ

farine

こちらはクリームじゃなくてパウダータイプ。ハンドクリームは苦手…っていう人はこちらのパウダータイプが良いかも。気になった時にポンポンと手につけられる気軽さです。こちらは女性向けタイプみたいですが、男性が使っても良いと思います。
止まらない「手汗」に!7大成分たっぷりfarine(ファリネ)

最後に

いちおういくつか参考になりそうな方法をご紹介しました。握手会に参加して握手するならお互い嫌な気分にならない方がいいですもんね。ずっとモヤモヤと頭の片隅に手の汗を気にしてるならこういった方法もありますよって事で。

手汗の原因は人それぞれなのでどうしても気になる人はいくつかお試しください。ではでは。

 

スポンサーリンク